女性ホルモンの役割や働きとは

女性ホルモンの役割や働きとは

生活習慣の乱れなどにより、ホルモンバランスが崩れてしまうと、体にはさまざまな影響がでてしまいます。
ホルモンバランスが崩れてしまうということで、女性ホルモンの分泌量が変化することによって、どのような影響があるのでしょう。

ホルモンバランスの変化

画像引用元:http://www.shoda-lc.com/about/hormone.html

女性ホルモンの役割としては、髪の毛などに影響して、髪の毛を豊かな状態に保つことや、また、肌のツヤの維持などにもつながります。
免疫系の強化や、血流の促進、また子宮の働きなどを活発にすることなどがあります。

そのため、ホルモンバランスが乱れてしまうと、これらの働きが正常な状態にならず、体に悪影響を及ぼしてしまうため、ホルモンバランスを安定させることがとても重要です。

ホルモンバランスが乱れる原因としては、生活習慣の乱れです。

不規則な生活、睡眠不足になると、自律神経やホルモンバランスが崩れてしまうことがあります。
そのような状態を改善していくことで、ホルモンバランスの安定をはかりましょう。

近年では、仕事によっては不規則な生活になってしまうこともあるため、きちんと規則正しい生活をするのは、少し難しい場合もありますが、自分でできる範囲で、生活の乱れを正していくように心がけていきましょう。
睡眠時間もしっかりと確保して、疲労などを溜まらないような生活環境を作ることが大切です。
ホルモンバランスの乱れに関して詳しくはこちら→甲状腺ホルモンバランスの乱れ

ストレスとホルモンバランスの関係

また、ストレスなどによってもホルモンバランスが乱れることがあります。

ストレスを溜めてしまうと、自律神経やホルモンバランスだけでなく、精神的にも不安定な状態になりやすく、うつ病などにもかかりやすい傾向があります。
そのため、ストレスをできるだけ軽減していくことや、うまく休日などを利用して発散できるように、生活に工夫していくことでストレスを解消していきましょう。
気に入りの趣味を見つけてストレス解消を→趣味ちゃんねる - 430種類以上の趣味の一覧・ランキング!

仕事や家庭などでも、ストレスはさまざまな場合で感じてしまうことがあります。
ですが、深く悩んでしまったり、不安や緊張の連続では、ストレスは溜まる一方です。ストレスをできるだけ感じないためには、少し自分で楽観的な気持ちを持つことも重要でしょう。
気楽な気持ちで、前向きな思考を持つことで、ある程度ストレス対策になります。

また、どうしても悩んでしまい自分では解決できない場合には、周囲に相談してみるといいでしょう。
友人や知人、家族など自分が信頼している相手に悩みを打ち明け、またそれに対して的確なアドバイスをもらうことで、悩みが解決することもあります。
生活習慣やストレスなどを改善していき、自分の体にとってよりよい状態を作り出すことが、自身の健康のためには大切なことです。

女性ホルモンが乱れる原因は様々ですが、更年期が原因の場合はサプリメントなどでケア、酷い場合は産婦人科で受診することもおすすめします。

大豆イソフラボンを食事から摂取するコツ

大豆イソフラボンとは、女性ホルモンの一種であるエストロゲンと似たような働きをする栄養素です。
加齢とともに体内のエストロゲンの分泌量は低下します。
エストロゲンの分泌量が低下することによって、更年期へとつながり、更年期障害などが起こりやすくなってしまうのです。
大豆イソフラボンを摂取することによって、エストロゲンのはたらきを補ってくれるのです。

大豆イソフラボンを意識的に摂取している人には、更年期障害によるほてりやのぼせという症状の出るホットフラッシュが出にくいという調査結果があります。
不足してしまったエストロゲンのかわりに補足的に働くため、更年期障害の症状が軽くて済むのです。
普段の生活に悪影響が出るほどに更年期障害の症状の重い場合は、必ず専門の医師の診察をうけるようにしましょう。
投薬治療など治療法はたくさんありますので、決して我慢しないようにしましょう。
また肌の調子を整える美肌ホルモンのような役割もしてくれるので、健康な肌を保つサポートをしてくれます。
肌の弾力のもとであるコラーゲンを増やして、肌のハリを保つ手助けをしてくれます。
細胞の新陳代謝の力も高めてくれることがわかっています。
ガンのリスクを下げる効果を期待することもできます。
骨粗しょう症の予防効果も期待することができます。

女性はとくに男性よりも骨粗しょう症になるリスクが高いので、その面でも意識的に食べるように心がけましょう。
エストロゲンはカルシウムの流出を防ぐ役割を持っているからです。
生活習慣病の予防効果を期待することも出来ます。
日本人の血中コレステロール値は年々増加の傾向にあり、中高年だけではなく若い人でもコレステロール値が高くなってきているのです。
積極的に食べることによって血液をさらさらにして、生活習慣病の予防に繋げましょう。
脳の血液の循環をよくし、細胞のはたらきを活発化させるはたらきをエストロゲンはもっています。
その結果、記憶力が高くなりやる気を起こすことができるのです。

肌の新陳代謝を上げて綺麗な状態を促進させること、髪の毛のつや・はりを保つこと、コレステロールの増加を抑えて動脈硬化を防ぐこと、骨を丈夫にすること、生理の周期を整えること、自律神経を安定させることなど、エストロゲンのはたらきは様々な良い効果をもたらせてくれるのです。

近年は妊活でもイソフラボンは注目されている

近年は妊活でもイソフラボンは注目されていて、イソフラボンは女性ホルモンを整えるという効果から不妊体質にも効果的とされています。
そのため、妊活のために開発された妊活サプリメントではイソフラボンを配合させるものもあり、実際にクリニックなどでも使用されるサプリもあるほどです。

働く女性が増え、時代の流れとしても晩婚化の時代になりつつあります。そうするとどうしても妊娠を考える時の年齢というのは妊娠しにくい高齢になってしまう方も多いのが現実です。
食事からだけでなく、体への吸収が良いとされる妊活サプリなどを上手く利用し、妊活に励む夫婦が急増しているそうです
情報元サイト→妊活サプリの教科書|おすすめの葉酸・マカ・イソフラボン

大豆製品を多く含んでいる食品

大豆イソフラボンを食事から上手に摂取するコツですが、栄養素を多く含んでいる食品は大豆や大豆製品(豆腐、納豆、油揚げ、味噌など)です。

基本的な含有量ですが、納豆は1パック(50g)で65.0mg、大豆飲料(125ml)は69.0mg、豆腐2分の1丁(110g)は55.0mg、油揚げ2分の1枚(75g)は52.5mg、大豆煮50gは30.0mg程度含んでいますので目安にして調理に利用したり、食べるようにしましょう。
1日の摂取目安量としては、40mgから50mgを目安に摂取するようにしましょう。
豆腐で言えば2分の1丁、納豆で言えば1パック、煮豆の場合は80gを目安に食べるようにしましょう。

日本人の1日の平均摂取量は18mgと、1日の推奨な目安量よりかはかなり低くなっていますので、意識的に大豆製品を食べる必要性があります。
過剰に大豆製品を食べ過ぎてしまった場合に関してですが、多めに食べてしまっても必要でない分は体外へと排出されます。

しかしあまりに過剰に食べるのは、どんな栄養素であっても体にはよくありませんので一日の目安量を超えないように食べることが大切になります。
どんな食べ物も食べすぎは体に良いことはありませんので目安量を守るようにしましょう。
骨粗しょう症を防ぐためにおすすめな食べ方としては、大豆製品と一緒にカルシウムを多く含む食品、牛乳や小魚、青菜などの食品を一緒に食べるようにしましょう。

納豆は大豆イソフラボンに加えてカルシウムも一緒に取る事が出来る上、カルシウムの骨への吸着を助けるはたらきをもっているビタミンK2も豊富に入っている食品になります。
悪玉コレステロール値を下げる為には、大豆製品と一緒にあじ、さば、ぶりなどの青魚、きのこや海そう類などの食物繊維の多い食品と一緒に組み合わせて食べるようにすると良いでしょう。

青魚に多く含まれているDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPAには、血液の中の悪玉コレステロール値や中性脂肪を減らして、血液をさらさらにする効果があります。
食物繊維は食事でとりすぎてしまったコレステロールを吸着して、排出するはたらきを持っています。
美肌効果を期待するためには、大豆イソフラボンにプラスして肉、魚、卵などの良質なたんぱく質を適量とり、コラーゲンの生成を助けるビタミンCを積極的にとるようにしましょう。
ビタミンCは果物や青菜、緑黄色野菜に多く含まれています。
またサプリメントでも手軽にとることが出来るのがビタミンCの良いところになります。
参考サイト→イソフラボン倶楽部

更新情報・お知らせ

更年期障害は女性ホルモンがどう影響している?NEW
妊娠と女性ホルモンの関係についてUP
バストアップには女性ホルモンを増やすことが効果的?
女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボン

運営者

↑ PAGE TOP