バストアップには女性ホルモンを増やすことが効果的?

バストアップには女性ホルモンを増やすことが効果的?

バストアップのためにはある程度脂肪を残していくことも大事ですし、大胸筋を鍛えたり、マッサージも良い効果を期待できます。

そして、バストの肉が背中や脇に流れてしまうこともサイズダウンにつながりますので、正しいサイズのブラジャーを選び、装着もきちんと行い、背中や脇に流れてしまったバストの肉を元に位置に戻すことが大切です。

同じような体型でもバストの大きさには差が出てきますが、これは女性ホルモンも影響しているとされています。

女性ホルモンはバストやヒップが豊かな女性らしいスタイルを作るのにとても役立つものですので、しっかりと分泌されている人はバストやヒップが豊かな女性らしい体になりやすいですし、そうでない場合はメリハリのないスタイルになってしまうこともあります。

それゆえ、バストアップのためには女性ホルモンを増やすことも考えていきたいところです。
睡眠中は成長ホルモンがしっかり分泌されますので、バストアップに役立ってくれます。
ところが睡眠不足になると成長ホルモンが十分に分泌できなくなってしまいます。

しっかりとホルモンを分泌させるためにも夜更かしはせず、質の良い睡眠を摂れるよう早めにベッドに入り、寝る直前までスマホやパソコンを見ないなどの工夫もしておきたいところです。

さらにストレスも良くありませんので、ホルモンバランスを崩さないためにもため込まないことが大切です。

この他ではアロマテラピーを活用する、女性らしいファッションにする、男性と接する機会を増やす、ツボ押しなどもホルモンの分泌に役立つとされています。

そして、食品にも女性ホルモンに似た働きのあるものがありますので、こちらも取り入れてみましょう。

大豆イソフラボンは良く知られていますが、この他にはザクロなども良いとされています。

体を冷やすことも良くありませんので、体を冷やす食べ物や飲み物は避け、できるだけ温める食品や飲み物を摂りましょう。

プエラリアもバストアップに良いことで知られていますが、そのものを食べるということは日本ではありません。

効率よく成分を摂りいれていくのであれば、サプリメントを活用することもおすすめです。

プエラリアやバストアップに役立つとされる成分がバランス良く配合されており、毎日無理なく摂りいれていくことができます。

そして、この場合も安全性の高い、高品質なものを選ぶこと、すぐに結果が出るというわけではないので、毎日根気よく続けていくことも大事です。

更新情報・お知らせ

更年期障害は女性ホルモンがどう影響している?NEW
妊娠と女性ホルモンの関係についてUP
バストアップには女性ホルモンを増やすことが効果的?
女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボン

運営者

↑ PAGE TOP