更年期障害は女性ホルモンがどう影響している?

更年期障害は女性ホルモンがどう影響している?

40代以降になると更年期障害の症状に悩まされる方が少なくないでしょう。
この年代はホルモンバランスが乱れやすくなり、さまざまな症状が引き起こされます。
なぜ更年期障害が起きるかというと、40代以降になると女性ホルモンの分泌量が減少していくためです。

20代から30代の若い頃は女性ホルモンがしっかり分泌されていますが、閉経が近くなるとエストロゲンが分泌されにくくなるため自律神経が乱れやすくなるのです。

これまでとは違った症状を感じるようになり不安を募らせる女性も多いですが、あらかじめ更年期障害について知識を深めておけば慌てずに対処できるので安心です。

のぼせや冷え、頭痛などの症状が起こりやすくなりますが、他にもだるさや発汗、手足の冷え、腰痛、めまいなどさまざまな症状となって現れます。
それまで動悸や息切れなどの症状は滅多に感じなかったという方は、自分の体に何が起こっているのか理解できない場合もあるでしょう。

体に起こる症状だけでなく、不眠やイライラなどの精神的な症状に悩まされる方もいます。
体と心の両方に症状が現れると仕事が手につかなくなったり、自由に外出もできなくなるでしょう。
このような症状が現れ始めたら早めに対策を始めることをおすすめします。

更年期障害は女性ホルモンの分泌量が減少することで引き起こされるため、体の中で不足している女性ホルモンを外から補ってあげるという方法があります。
医療機関を受診すれば医師が処方した医薬品を服用することも可能ですが、医療機関を受診するほどでもなく自分で手軽にできる方法を実践したいという方には、市販のサプリメントをおすすめします。

食品メーカーやサプリメントメーカーからも多くの商品が販売されているので、テレビコマーシャルなどで見かけたことがあるという方もいるでしょう。
それぞれの商品によって配合している成分や特長には違いがありますが、多くの商品に含まれているのが大豆イソフラボンです。
大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きを持っているため、体内で分泌されなくなった分を補うことができます。

大豆イソフラボンは納豆や豆腐、油揚げなどの食品にも含まれているので、毎日の食生活で摂取することも可能です。
ただ納豆は苦手な方も多いですし、豆腐を毎日食べ続けるのは簡単ではありません。
その点サプリメントなら味もニオイも気にならないので、納豆が苦手な方も安心です。
継続的に摂取できるため効果が実感しやすいというメリットがあります。

更新情報・お知らせ

更年期障害は女性ホルモンがどう影響している?NEW
妊娠と女性ホルモンの関係についてUP
バストアップには女性ホルモンを増やすことが効果的?
女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボン

運営者

↑ PAGE TOP