妊娠と女性ホルモンの関係について

妊娠と女性ホルモンの関係について

妊娠と女性ホルモンはとても深い繋がりがありまして、切っても切り離されない関係となっています。

女性ホルモンの働きは妊娠や出産のためにあるような仕組みとなっているのです。

まず女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの二つのホルモンがありまして、この二つのことを指してホルモンバランスと言います。

エストロゲンが優位に立っている状態が妊娠しやすい状態であり、プロゲステロンは子供を守るために必要なホルモンとなっています。

この二つのホルモンのどちらかが優位となり、波のように入れ替わるのですが、これが生理周期となりまして、生理周期によっていつ子供ができやすいか、体調が良いかという判断ができるのです。

エストロゲンが優位な状態になりますと子供ができやすい状態になるのですが、この時に肌の調子が良くなったり、気分が良くなったりと女性としての魅力が上がる時期となり、男性を誘惑させるためとも言われています。

一方のプロゲステロンが優位になりますとイライラすると言われますが、これは子供のためにエネルギーを蓄えている状態であり、よく太ると言われますが脂肪や水分を溜め込む時期でもあり妊娠から出産の間に大切なホルモンとなるのです。

子供ができるまではエストロゲンが大事なホルモンになりますが、出産までの間はプロゲステロンが重要なホルモンとなりまして、子供ができなかった場合は生理周期が元に戻りエストロゲンが再び優位となるのです。

生理が起きると急に体調が悪くなったり、気分がイライラしたりするのは生理周期によってホルモンバランスの優位が入れ替わっているせいでありまして、子供のために大切なものなのです。

どうしても子供を作りたという時は女性ホルモンの生理周期をしっかりと知っておく必要があります。

基礎体温で生理を把握する方法がありますが、これはホルモンバランスとも関係していましてエストロゲンが優位な状態だと低温になり、プロゲステロンが優位になると高温になりまして、長期的に体温を調べていると生理周期がハッキリとします。

もし体温がバラバラの状態でしたら、それはホルモンバランスが崩れている証拠となります。
自然に子供を作るのが難しい状態とも言えますから産婦人科などに行き検査をしてもらった方が良いでしょう。

エストロゲンの分泌量が多く低温期になり排卵日が訪れる時が最も子供が作りやすい時期となり、ひこから数日経てば黄体期となりプロゲステロンが優位な高温期になる生理周期になりますので、女性ホルモンは深く妊娠と関係性があるのです。

更新情報・お知らせ

更年期障害は女性ホルモンがどう影響している?NEW
妊娠と女性ホルモンの関係についてUP
バストアップには女性ホルモンを増やすことが効果的?
女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボン

運営者

↑ PAGE TOP